三浦技研オフィシャルオンラインショップ

■□■PP-9005Genesis■□■

PP-9005Genesisは、よりゴルフを楽しみたい!という方のために誕生した『やさしさ』にとことんこだわったPP-9005Premiumの後継モデルです。

Genesisの特長として一番に挙げられるのは、何と言っても飛距離性能です。
素材には航空宇宙産業で使用され、ゴルフ用品では飛距離特化型クラブに使用されることが多い、455カーペンター特殊鋼を採用。
455カーペンターは高反発素材で、耐久性にも優れ、尚且つ薄く伸ばして加工することが出来ます。
その薄く伸ばした455カーペンターをヘッド全体に貼り付けることによりネットのようにボールを深く受け止め、瞬時に高反発で押し出す、普段のインパクト時よりボールをもう一押しするような弾き感をプラスすることができます。例えるならスーパースロー映像で見るテニスプレイヤーのラケットのような現象が実際に手元で起きているような感覚です。
また薄く貼り付けた455カーペンターはトゥズレに対する許容範囲を広げる効果もあり、飛距離・ボール初速アップに加えてやさしさプラスにも一役買ってくれます。

第二の特徴はやはり『やさしさ』。
使い手にやさしさを感じてもらうことがPPシリーズの本懐なので、この点には特にこだわりました。
軟鉄鍛造複合製法&3ピースポケットキャビティ構造だから可能になったワイドスイートエリア&深重心で方向性の安定と飛びをサポート。
もちろんやさしさの重要ポイント、滑りのよいワイドソールも忘れず詰め込みました。
またヘッドの面と面がつながる輪郭に適度な丸みを持たせ、ボールをやさしく包み込むようなやわらかなヘッド形状に仕上げましたので、視覚的にもやさしいイメージを存分に感じて頂けると思います。
実際に、Genesisのモニター様アンケートでも「第一印象は?」の質問に9割以上の方が『易しそう』と答えています。
技術はもちろんですが、心のコンディションも大きくスコアに反映するスポーツですので、道具から受ける安心感、心のゆとりはとても大切なポイントです。

そして飛距離、やさしさに続いてこだわったのが打感と打音です。
オール軟鉄鍛造と全く同じ打感と打音を再現するのは素材上難しくても、ミウラから発売するモデルである限り、複合素材のポケットキャビティで発揮できる最上級のパフォーマンスはしたいと考えました。

打感は精密技術から作り上げるボディと、高反発の455カーペンター特殊鋼フェースの相乗効果で一般的なポケットキャビティにありがちな手応えのない打感とは異なり、しっかりと押し出すようなフィーリングを感じていただけます。
そして打音。マレージング鋼やチタンを使ったヘッドは素材特有の甲高い打音が特徴です。(455カーペンター特殊鋼はマレージング鋼に分類されます)
試作段階のGenesisもやはり高めの打音がネックで、どうにかこの打音をマイルドにするアイデアはないかとヘッドを眺めていたところ、ふと目に留まったのが、、
バックフェースのバッチでした!
『Passing Point NEO』のロゴが入ったこのバッチは電気鋳造で作られており、製造工程上、裏側にガタガタと窪みがある状態でした。
そこへ従来の接着剤の代わりにエポキシ樹脂をクッション代わりにたっぷり流し込み固めてみました。
それをスイートエリアの中心裏側にセットしてみると、エポキシ樹脂が見事に緩衝剤の役割を果たし、打感は柔らかく、打音はマイルドに、打ち比べて明確にわかる程、変化しました。

などなど、、たくさんのこだわりとやさしさを詰め込んでやっと完成・発売に至ったPP-9005Genesis。
現在全国のMIURA CRAFTMAN WORLDご登録の全ショップ様にPP-9005Genesisの試打クラブを順次発送しております。
ぜひお近くのショップに足をお運び頂き、実際にお手に取ってミウラのこだわりをお試しくださいませ。

昨年、2015年6月よりスタートした、Passing Point NEO 。
今回のGenesis の発売により、従来の姿から変革するMiura の姿を感じて頂けると思います。
こだわりを追求する、MG 。楽しさを探求する、PP 。
互いに高め合う関係性を今後さらに求めていきますので、PP、MG共々宜しくお願い致します!

三浦技研

0 コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>