三浦技研オフィシャルオンラインショップ

PP-W01 Passing Point NEO #52

PP-W01 Passing Point NEO #52
  • 01

¥18,000 (税別)

軟鉄鍛造製法ではできなかった機能形状をミウラでは初となるSUS精密鋳造製法で追求。
本格的なウエッジ顔を持ちながら、極ワイドWソール&ポケットキャビティ形状を実現。最大限にソールに仕事をさせる形状で、バンカーショットやアプローチがとても簡単に感じられるウエッジです。PP-9005PREMIUMとのコンビネーションも最適です。

シャフト *

※ご希望のシャフトを選択してください。
※選択するシャフトによって追加費用が発生いたします。

グリップ *

※ご希望のグリップを選択してください。

midashi01

もっとソールが仕事をするウエッジを—。Passing Point NEO Wedgeの最大のテーマはソール形状の追求でした。そのテーマに対して自ら出した答えは、今までミウラで追求してきた軟鉄鍛造ではなく、SUS鋳造という新しい挑戦でした。SUS鋳造だからできることを最大限に追求した結果、最大幅30mmという極めてワイドなソール幅とテクニックを生かすためのWソール形状でした。ソールがスイングを導いてくれるようなイメージで、誰でも簡単にバンカーショットやアプローチができるウエッジです。

midashi02

PP-W01はアンダーカットポケットキャビティ形状を採用することで、打点のバラツキによる飛距離の誤差を最小限に抑えています。またSUS特有の打感の硬さも感じにくく、インパクト時のフィーリングイメージとショットの結果がマッチするヘッドです。

midashi03

機能性に特化したからといってミウラらしいアドレスの存在感を犠牲にはしません。ソール形状からは想像もつかないほど雰囲気のある顔をしたウエッジ、それがPP-W01です。フェース面にはCNC彫刻によるスコアラインやフェース面のPPマーキング・レーザー彫刻を施し、SUS鋳造ヘッドとは思えないスピン性能を手に入れています。

Material SUS304
Process 精密鍜造 / フェース面:CNC彫刻スコアライン&PPマーキング・レーザー彫刻
Finish サテン仕上げ
Contents #52 #56
Loft( °) 52 56
Lie( °) 63 63.5
Weight(g) 297 298
Face Progression(mm) 4.0 5.0
Bounce( °) 9 12
Production Year 2016年
Production Country made in CHINA / inspection of JAPAN

レビュー

レビューはまだありません。

カスタマーレビューを書きませんか? “PP-W01 Passing Point NEO #52”

SKU: ppw0150 - ご質問はお気軽にどうぞ。 お問い合わせ ご意見・ご感想はコチラ

Categories: , , .

Tag: .